FC2ブログ
愛知県瀬戸市・鈴鹿市にあるピアノ教室です♪♪ 〜音楽・レッスン・Pianist活動・うさぎ日記・その他日常など〜
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
コロー展
2008-08-29 Fri 07:22
コロー展、行ってきました
Image549.jpg

もうすぐ、この絵画展も終わり、ということもあってか、
平日でしたが、多くの人で賑わっていました。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

19世紀、フランス画家のコロー。(1796~1875)
印象派の先駆といわれています。

1796年、パリの裕福な織物商人の子として生まれます。

画家になる事を反対され続けますが、26歳でようやく父の許しを得て、画家を志し、
師につき、絵の勉強を本格的に始めます。

彼は自然をとても愛し、作品の中に『木』『枝』を多く描いています。

Image562.jpg
Image565.jpg
Image564.jpg

Image563.jpg

コローは、絵の中の風景→
実際には動いていないものも、動いている様に
木の枝は風の中にそよいでいるかの様に
見る人をその風景の場所にいざなうかの様に…

風景をただ忠実に表現するだけではなく、
自然を誠実に愛し、愛と知性をもって、
筆をとり続けました。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然を題材にした作品が多かったですが、他にも、
街並や
Image568.jpg

Image569.jpg

人物画も…

Image561.jpg

Image566.jpg

…この上の女性の絵が、
今回、西洋美術館コロー展で、メインテーマとなった大傑作・『真珠の女』。
別名、『コローのモナリザ』。
モナリザを意識して書かれた、と言われています。

↓《参考》レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザはこちら。
250px-Mona_Lisa.jpg
(1503 - 1506制作) 
全体の構図や手の組み方が、コローの絵と似ていませんか?

彼女はコローのアトリエ近くに住む娘『ベルト』。モデル当時16歳。
『真珠の女』という題名ですが、彼女は真珠は身につけていません。
額の髪飾りの葉の影が、真珠の輝きの様に見えた事から、名づけられたと言われています。

この作品はコローの大傑作の中の一枚となりましたが、
彼は生涯、この作品を売ることはなく、自宅の居間に飾り、
10年間の歳月をかけて、筆を加えつづけました。
(レオナルド・ダ・ヴィンチも同じ様に最高傑作『モナ・リザ』を自分のもとから手放しませんでした…同じ心境だったのでしょう。)

ポスターや看板、複製画で見るのとは全く違い、
本物の絵、とても素晴らしかったです。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後に、コローの最高傑作といわれる作品、
『モルトフォンテーヌの想い出』
Image567_20080829074135.jpg
       1864年・ルーヴル美術館蔵
   
スポンサーサイト
別窓 | 美術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
パリ展。
2008-06-26 Thu 23:00
先日、レッスン上京中『芸術都市 パリの100年展』に行ってきました。Image339.jpg
  Image345.jpg


パリをテーマとした近代フランス作品約150点の展示。
(16の美術館からの収集)

Image362.jpg


コロー展、次回のお楽しみ
Image340.jpg

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつからか美術館に行くのが楽しみになりました。

高校生の時、とある曲を勉強していた時に、
『マネの絵、見てみるといいょ。』と先生。(モネ、じゃなくマネ)
図書館行って、マネの絵画集を探した事がありました。

色々なイメージのアドバイスを頂いたり、
絵画の技法をピアノの奏法に例えて下さったり…

譜面から、色・質感、光や水・空気・香りまで感じられる様なLesson。

音楽と美術に沢山共通点を見つけて、
そこから絵が好きに。。(音楽も益々好きに)

色彩感・温度感溢れる演奏が目標です。
別窓 | 美術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 〜Lis Blanc Studio♪♪〜 Yuriピアノ教室♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。